素顔の四日市

sobo.exblog.jp
ブログトップ
2008年 06月 05日

隠れ家風名店 ~ビストロ シャン~

もうすぐ結婚記念日。

なんですが、当日は私ひとり遊びに行って家にいません。
こりゃまずい、ということで今日は妻とランチへ。

以前から目をつけていた、Bistro Champ(シャン)へ。

閑静な住宅街を奥へ、奥へ。
こんな住宅街にお店があるのかぁ?と心配になってきたころに、あった、あった。

まるで、一軒家のような外観、庭には家庭菜園すらあります。

こじんまりとしていながらも趣味の良いお店の外観から、びしびし名店の雰囲気が伝わってきます。
外観から「うちは高級ですよぉ」って言っているお店は嫌いなんですが、こちらは高級ではないが、清潔な身なりでひっそりとお客様を待つギャルソンのよう。
もう、こんなお店が大好きな私にとって、外観だけでテンションは↑↑

お店に入ると、厨房にご主人、店内には奥様と二人で切り盛りされています。
上品になりすぎない店内と、迎えてくれたお二人の雰囲気にさらに私のテンションは↑↑

b0047959_18193085.jpg
まずはサラダ。
ドレッシングが邪魔にならない味付けなので、野菜の味と香りがまっすぐに舌を抜けます(^^


b0047959_1821061.jpg
驚いたのがこのスープ!

オニオンと生ハムのスープ、めちゃめちゃ美味い!
ポタージュベースなのですが、焦がしたオニオンの風味が嫌みなく口中を駆け巡ります。

むさぼるように食べてしまいました。


b0047959_18234325.jpg
妻が頼んだ「帆立て貝柱」の料理。(料理名忘れちゃいました)

一口だけいただきましたが、これがまた絶妙。
帆立て貝の風味を生臭くなくいように嫌みなく仕上げています。


b0047959_18261213.jpg
で私が頼んだは、「鴨肉と空豆」(こちらもまた料理名を忘れてしまいました)

なっ、なんじゃこりゃぁぁぁ。
と言うくらいうまいです。
鴨肉の歯ごたえを損なうことなく焼きあげ、ソースと肉汁がそれぞれ自己主張することもなく調和しています。

もう神様のイ・ジ・ワ・ル、だって食べたらなくなっちゃうもん!
なんて、のび太くんのような戯言を言いながらいただきました。


b0047959_18294946.jpg
そして、ひとつだけ追加注文したデザート。

こちらもご主人の手作りらしいです。
甘すぎず、食材本来の味を引き出していましたよん。

食事全体を通して素材の持つ、味、香りを最大限引き出すような調理法でした。


b0047959_1831050.jpg
器の趣味もいい。

奥様の接客態度もすばらしい。
一人でホールを切り盛りしながらも、目くばせを忘れず、お客様との距離感も近すぎず、遠すぎず。

予算ですが、今回のランチですと、二人で4,000円程度でした。
同じ料理を「高級」ホテルで頼んだら、同じ味、嫌味な接客で倍以上はとられるだろうなぁ。


b0047959_183305.jpg
店の雰囲気が静かなので、子供づれには合わないかもしれません。

お店を出るときには、ご主人と二人で見送っていただけます。

まるで、趣味の良い友人夫婦の自宅へ遊びに行ったような錯覚すら覚えます。

ハレの日にはぜひ、畑(champ)のある、私達の友人の家へどうぞ。
[PR]

by gowest_69 | 2008-06-05 18:42 | お店紹介


<< 夏季限定 冷たいラーメン ~味覚亭~      運動会 >>